風俗最大の注意点は性病!予防法はある?

風俗に行ってすっきりしたくなったり女の子と楽しみたいと考える方にとって、最大の悩みのタネであるのが性病です。
自分は大丈夫、このお店の〇〇ちゃんなら今まで平気だったから大丈夫、と呑気に構えていてはいけません。
いつ、性病にかかってもおかしくないのです。

極力性病にかからないように自衛はできますが、確実にかからないようにはできません。
性病は不特定多数の人と行為をすると、感染経路がわからないだけではなく、その数だけ広めてしまう病気です。
ただ手を触れただけでは感染はしませんが、粘膜感染といって粘膜が触れてしまうと感染します。

そのため、ディープキスなどでも感染する性病もあるのです。
ほかにも感染経路として、フェラチオや、素股、アナルセックスなども経路の一つとされており、感染する性病はエイズや淋病、梅毒、クラミジアなどが挙げられます。
感染の恐れがあるサービスを実施しているのは、ピンサロやソープ、ヘルスです。

風俗の中でも感染の恐れが低いとされるサービスは、粘膜が触れるようなサービスがないところです。
手コキやセクキャバなどです。
これらは、男性の性器を粘膜で触れることがないため、比較的感染する確率が低いと考えられます。
しかし、キスなどで感染してしまうヘルペスもあるのでゼロとは言い切れません。
ですが、上述したような、エイズや淋病、梅毒、クラミジアに感染する確率は低いと言えます。

風俗に行って自衛するのも難しいところですが、まずは、自分が感染の元になっていないかをチェックする必要があります。
性病をもらわないか不安と思っていながら実は自分が広めていた、などといった場合も少なくありません。
自覚症状のない性病や、潜伏期間で症状が出ないものもあります。そのため、自分は性病を持っていないかを確認しましょう。
その上で、風俗に行けば、もしかかったとしても感染経路の特定ができる可能性もあります。

次にできる自衛としては、粘膜の接触を避けることです。
キスをしない、フェラチオやすまたはコンドームで行う、といった方法になります。
しかし、自衛をするといっても、神経質にばかりなってしまっては、楽しめないかもしれません。

性病にかかりたくないのであれば、一番の自衛は風俗に行かないことでしょう。
しかし、風俗に行って楽しみたい気持ちもあるのであれば、お店選びに慎重になってみるのもいいかもしれません。
激安店や格安店では、女の子の性病検査も義務付けられていないお店もあるので、そのようなお店は敬遠するなどで感染のリスクを下げてみるのもいいでしょう。

関連記事
アーカイブ
ページ上部へ戻る